eスポーツは黒船となるかBACK NUMBER

LoL日本代表「僕らが活躍すれば」
eスポーツの命運を握る若きチーム。 

text by

八木葱

八木葱Negi Yagi

PROFILE

photograph by2017 Riot Games,inc.

posted2017/09/24 09:00

LoL日本代表「僕らが活躍すれば」eスポーツの命運を握る若きチーム。<Number Web> photograph by 2017 Riot Games,inc.

3シーズン連続でLoL日本王者に輝いたRampage。中国の地で彼らを待ち受けるのはゲーム界の“ワールドクラス”である。

決勝は5000万人が見る世界的ビッグイベント。

 チームの中でも、Tussle選手とともに日本へ来たDara選手(Jeon Joeng Hoon)は、彼らが愛するこの競技が日本でも成長することを期待していると言う。

「僕らがプレーしているのを見て、LoLって面白そうだなと思ってくれたら嬉しい。僕たちも世界大会を見てスター選手に憧れた経験があるから、そういう気持ちに多くの人がなってほしいですね」

 LoLの世界大会の会場は、毎年ド派手なことでも知られている。昨年はアメリカのステイプルズセンター、2015年はドイツのメルセデスベンツアリーナ、2014年は韓国のソウルワールドカップスタジアム。そして今年は北京五輪のメインスタジアムだった、通称“鳥の巣”こと北京国家体育場で開催される。

 昨年の決勝は世界中で1400万人がリアルタイムで観戦し、映像配信を含めると5000万人近い人が見たと言われている。今年は世界に、そして日本にどれだけの熱を呼び起こすのだろうか。そしてそのトーナメントを、日本代表Rampageはどこまで駆け上がることができるのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
LoL

ゲームの前後の記事

ページトップ