プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

もっとスーパースターになってやる。
“次期WWE王者”中邑真輔の新世界。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2017/09/19 17:00

もっとスーパースターになってやる。“次期WWE王者”中邑真輔の新世界。<Number Web> photograph by Essei Hara

中邑が日本で築き上げてきた心技体のそのすべてが、全米で高い評価を受けている。中邑の米国メジャー団体制覇の野望、なるか?

「もっともっとスーパースターになって帰って来る」

 この夏の一大イベントだった「サマースラム」の、空撮まで駆使した豪華なプロモーション動画がある。

 そこにはマリブの海でサーフィンをする中邑のリラックスした姿が詩的な言葉とともに映し出されている。

 WWEのツアーは過酷な日程だ。今回のようにハワイ、日本、中国と連日の移動が続き、ヨーロッパにもオセアニアにも飛ぶ。WWEは世界がテリトリーになったから、それが日常だ。

 中邑の大阪での滞在は24時間に満たないものだった。

「昨夜は母親とフグを食べた。母親のリクエストで。まあ他のものはともかく、フグはアメリカじゃ難しいから」と笑った。

 世界を旅する中邑がいる。サーフィンを始めて14年。7つの海でサーフボードに乗って心を休める中邑もいいだろう。

「ヨーロッパなど世界中各地で戦えることでこちらが刺激を与えるだけでなくて、お客さんからも刺激を与えてもらっている」

 スーパースターは「もっともっとスーパースターになって帰って来る」と言い切った。

 そんな「次期WWE王者」中邑真輔に期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中邑真輔
WWE
ジンダー・マハル
ブルーノ・サンマルチノ
ハルク・ホーガン
ジャイアント馬場
アントニオ猪木
坂口征二
藤波辰爾
ボブ・バックランド

プロレスの前後の記事

ページトップ