SCORE CARDBACK NUMBER

第3世代の旗手・永田裕志が、
最後のG1で見せた涙と敬礼。
~天山、小島ら「第3世代」のリーダーだった~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2017/09/04 10:30

第3世代の旗手・永田裕志が、最後のG1で見せた涙と敬礼。~天山、小島ら「第3世代」のリーダーだった~<Number Web> photograph by Essei Hara

最後のG1を終えた永田は「挑戦は終わらないです。この結果が自分にとって、悔しさとかエネルギーになる」。

 8月13日、新日本プロレスの東京・両国国技館大会。G1クライマックス優勝決定戦は、終わってみれば“制御不能の男”内藤哲也がケニー・オメガを破って、2連覇を阻止。4年ぶり2度目の栄冠をものにした。

 さて、オカダ・カズチカ、内藤、オメガの3強に次いで公式戦(全19大会)の中心として会場を盛り上げたのは、49歳の元IWGPヘビー級王者・永田裕志だった。

 19年連続、19回出場の永田は、大会開幕前に「今年のG1を最後に完全燃焼したい」とG1卒業を宣言したことから、人気が再燃。どこの会場でも敬礼ポーズのパフォーマンスが大受けだったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 運命の一戦。

Sports Graphic Number 934・935

日本代表 運命の一戦。

 

新日本プロレス
永田裕志

プロレスの前後の記事

ページトップ