野球善哉BACK NUMBER

あんなに不器用だった盛岡大付が……。
甲子園で試合巧者になる方法とは。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/08/16 15:00

あんなに不器用だった盛岡大付が……。甲子園で試合巧者になる方法とは。<Number Web> photograph by Kyodo News

7回、大里のタイムリーで4点目を手にした盛岡大付。しかし大きかったのはその前に奪っていた3得点だった。

攻守ともに試合巧者へと生まれ変わりつつある。

 前述した通り、三浦瑞はクイックやけん制などのマウンドさばきで相手のストロングポイントを消した。一方の攻撃では代走を絡めての効果的な追加点を挙げた。9回表に主砲・比嘉賢伸の一発でとどめを刺せたのは、そこまでの流れがあったからこそだ。

 2年連続で2勝を挙げた盛岡大付が見据えるのは、当然、その先の舞台だろう。

「ヒットをどれだけ打っても、ホームを踏んだ数が勝負だよ、という話をしてきました。タイムリーが打てなかったら『あと1本が出なかった』とはよく聞きますが、『それは逃げ道だよ』と、その言葉を口にすることを禁止しました。あと1本出すことができれば勝てるんだということで、反対の意味でとらえようと話をしてきました」

 相手のストロングポイントをいち早く消し、自身の持ち味を出していく。

 試合巧者に生まれ変わりつつある盛岡大付が、3季連続の舞台で躍動している。

甲子園ライバル伝説。

Sports Graphic Number 933

甲子園ライバル伝説。

 

関連記事

BACK 1 2 3
松商学園高校
盛岡大附属高校

高校野球の前後の記事

ページトップ