バスケットボールPRESSBACK NUMBER

借金3億円から巻き返した「海賊」。
Bリーグ横浜の“正しくない進化”。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byB-CORSAIRS/T.Osawa

posted2017/07/04 17:15

借金3億円から巻き返した「海賊」。Bリーグ横浜の“正しくない進化”。<Number Web> photograph by B-CORSAIRS/T.Osawa

Bリーグ初年度、最後の最後まで戦い続けたビーコルの選手とブースター。その歩みは両者をさらに近づけた。

「『海賊』というのは精神論だと思うんです」

「横浜ビー・コルセアーズ」というチーム名には英語で「海賊団」を意味する「Corsairs」を組み入れられており、チームのエンブレムも海賊の顔になっている。このモチーフをどうチームに反映していくかを岡本は考えた。

「ボクは、『海賊』というのは精神論だと思うんです。海賊は自由な生き方をするけど、その分だけ責任を持たないといけない。それはブースターのみなさんにもあてはまるので……」

 ビーコルのファンやブースターの姿勢がツイッターを通して、大きな話題となったことがあった。

 5月14日、残留プレーオフ1回戦、秋田とのアウェーゲームでのこと。10分間の試合で勝ち抜けを決めるGAME3が行なわれた。残り約1秒の場面で、ビーコルのエース・川村卓也の放った3Pシュートがネットを揺らし、17-16でビーコルが逆転勝利した。

秋田との残留争い後の感動的なエール交換。

 ビーコルが残留争いに生き残るとともに、秋田の自動降格が決まった直後の様子を、ビーコルは動画で投稿したのだ。その経緯を、石合が振り返る。

「自然発生的と言いますか、いつからか、試合に勝っても負けても、ブースターさんのみなさんが試合後に相手チームにエールを送ってくれるようになったんです。あの日もその瞬間を抑えようとしていたのですが……」

「Go! Go! ハピネッツ!」

 運命を左右する試合を終えた後、ビーコルのブースターが、秋田にエールを送った。その直後である。

「Go! Go! ビーコル!! Go! Go! ビーコル!!」

 熱狂的なことで知られる秋田のブースターが、大音量のエールを返したのだ。

 秋田ブースターの大半は悲しみにうちひしがれていた。それなのに……。

 このエールを受けて、顔を覆って涙を流すビーコルのブースターの姿が映像に収められていた。岡本はこう胸を張った。

「秋田のブースターさんからの『ビーコル・コール』、それはありがたいことでした。ただ初めに、うちのブースターが、秋田のみなさんにエールを送っていたからこそでした」

【次ページ】 ブースターを見に来たい、と思わせるようなチームに。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜ビー・コルセアーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ