プロ野球亭日乗BACK NUMBER

さよなら“高知のマニー・ラミレス”!
野球が大好きな男の奇跡の2カ月。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/06/02 10:50

さよなら“高知のマニー・ラミレス”!野球が大好きな男の奇跡の2カ月。<Number Web> photograph by Kyodo News

足の怪我(肉離れ)があった、45歳(イチローより1歳年上)だった、年俸も数百万円だった……それでも野球をやりたかったということ。

今はGT-Rに夢中だけど、そのうちきっと野球に……。

 米国の自宅で乗っている日産GT-Rを今回の来日に合わせて日本に船便で送り、岡山にある専門のパーツショップで改造してもらっていた。総額1500万円とも言われる改造を終えた愛車は、5月下旬には再びアメリカに向けて船で送り返されたという。

 6月1日に日本を発ったマニーのいまの最大の興味は、多分、野球よりもアメリカでGT-Rを乗り回すことなのだろう。

 だから5月28日に高知市営球場で放った左中間へのアーチは、マニー・ラミレスの選手としての生涯最後の本塁打なのかもしれないし、8回に放った右前安打は最後の打席、最後の安打になるのかもしれない。

 ただ……。

 GT-Rを乗り回すことにひと段落したら、気まぐれでまた野球をやる気になってくれるかもしれない。そうしてまたいつか日本に戻ってくるかもしれないと、少しだけ期待を寄せたくなってしまう。

 だって「Manny being Manny」である。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
マニー・ラミレス
高知ファイティングドックス
松井秀喜
ボストン・レッドソックス
駒田徳広

プロ野球の前後のコラム

ページトップ