Number ExBACK NUMBER

登板機会を自ら手放した松坂大輔。
彼は変わってしまったのだろうか。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2017/04/26 07:00

登板機会を自ら手放した松坂大輔。彼は変わってしまったのだろうか。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

3月25日のオープン戦が最後の登板となっている。4月は登板予定の二軍戦が2試合続けて雨天中止となる不運も。

「大輔は変わっていない」の意味。

「だって、Numberさんがすでにこういう企画を進めてるって耳にしたから。『他のみんなは出てくれてますから』なんて言われちゃったら、断りたくても断れないじゃないですか」

 まったくズルいんだからと冗談めかして、でも半分くらいは本心であろう非難めいた口調。この時点で、松坂世代の選手たちが語っていた「大輔は変わっていない」ことの意味はほとんど理解できた。

 ひたすらに投げ続けていたあの頃と同じように、たとえ自分が苦しくとも、仲間の期待に応えようとする。だから松坂は仲間の力を得て数々の伝説を残すことができたし、そんな主人公がいたからこそ、松坂世代は結束して強くなっていったのだと。

 マウンドに上がりたいという渇望と、それを上回る右肩の状態への苦悩。Number926号「2017年の松坂世代」特集では、松坂大輔がベースボールジャーナリスト・石田雄太さんのインタビューに現在の心境を明かしています。是非、4月26日発売の本誌でお読みください。
2017年の松坂世代。

Sports Graphic Number 926

2017年の松坂世代。

 

関連記事

BACK 1 2 3
松坂大輔
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ