なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

FIFAマスターで学ぶ大滝麻未の野望。
「女子サッカーをやり直したい」 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/02/27 07:00

FIFAマスターで学ぶ大滝麻未の野望。「女子サッカーをやり直したい」<Number Web> photograph by AFLO

2012年にはUEFA女子チャンピオンズリーグの優勝も経験した大滝麻未さん。異色のキャリアはどんなドアに繋がっているのだろうか。

2023年の女子ワールドカップ招致の夢。

 2020年東京五輪後の2023年に、女子ワールドカップを日本に招致できれば、そしてそのシーンに携わることができれば、という思いは消えていない。

「2023年っていったら6年後ですよね。あっという間のようで、まだ少し時間がある。その頃には日本にいて、日本の女子サッカーに関わっていたい。日本の女子サッカーが好きだし、どうにかしたいと思うんですよね」

 実は今回の取材前は、元なでしこのエリートへのチャレンジというような内容を想定していた。FIFAマスターで学び、日本サッカー界の主要ポストを目指す意欲などがあるのではと想像していたが、大滝さんの中ではより自分のルーツである女子サッカーへの思いが強くなっていた。

 サッカー界の未来のエリートが集うFIFAマスターで学び、シンプルに自分が好きなものを再確認したようだった。稀有なチャレンジを続け、経験を増やしていく彼女が、女子サッカー、特に日本の女子サッカーにどんな風を吹かせてくれるのか。楽しみにしたいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
大滝麻未

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ