フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

カナダで圧勝したパトリック・チャン。
9度目のタイトルで歴史に名を刻む。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/01/27 15:00

カナダで圧勝したパトリック・チャン。9度目のタイトルで歴史に名を刻む。<Number Web> photograph by AFLO

再び貫録を見せつけたチャン。今もなおスケーターとして成長を遂げていることを証明した。

「ソチでピークが来たと思っていたが……」

「自分はソチ五輪ですでに選手としてのピークが来たと思っていた。競技に復帰してから新しい4回転を加えることができたのは、素晴らしいことだと思っています。若い選手たちに刺激を受けてきたおかげです」(チャン)

 チャンは総合で296.86を獲得。2位だったレイノルズは255.77と40ポイント以上の差が開き、3位のグエンが240.60だった。

ケイトリン・オズモンドは3度目のタイトル。

 女子は、ケイトリン・オズモンドが3年ぶりに、3度目のタイトルを手にした。

 SPではISUの公式記録には残らないものの、ノーミスのスピードある演技を最後まで滑りきって81.01というカナダ選手権歴代最高点を出した。

「自信をつけさせてくれる、滑っていてとても気持ちよいプログラム」とGPファイナルで本人が語ったように、エディット・ピアフの歌声に合わせた今シーズンのSPは、オズモンドの新たな魅力を引き出したようである。

 フリーでは2度転倒があったものの、3フリップ+3トウループ、2アクセル+3トウループなど成功させて138.65を獲得。フリーも1位を保って総合219.66で優勝した。

「演技自体は望んでいたものではなかったけれど、結果はすごく嬉しい。3度目のタイトルだけれど、最初の2度は有難みをあまり実感していなかった。今回のタイトルは存分に楽しんで、世界選手権に臨みます」と語った。

 2位はフリーで高さのある3+3トウループコンビネーションなどを成功させたガブリエラ・デールマンで、総合211.09。昨年のチャンピオンのアレーヌ・シャルトランは、フリーでジャンプの回転不足が重なり、3位にとどまった。

【次ページ】 デュハメル&ラドフォードは6度目のタイトル。

BACK 1 2 3 NEXT
パトリック・チャン
ケヴィン・レイノルズ
ナム・グエン
ケイトリン・オズモンド
ミーガン・デュハメル
エリック・ラドフォード
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ