フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

カナダで圧勝したパトリック・チャン。
9度目のタイトルで歴史に名を刻む。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/01/27 15:00

カナダで圧勝したパトリック・チャン。9度目のタイトルで歴史に名を刻む。<Number Web> photograph by AFLO

再び貫録を見せつけたチャン。今もなおスケーターとして成長を遂げていることを証明した。

デュハメル&ラドフォードは6度目のタイトル。

 ペアでは世界チャンピオンのミーガン・デュハメル&エリック・ラドフォードが、6年連続となる優勝を果たした。

 ペアで6回のタイトルは、カナダ選手権史上初のことである。フリーでは4回転スロウサルコウで転倒するも、その後持ち直してサイドバイサイドの3サルコウを決めるなど、ベテランらしく演技をまとめて227.23でトップを独走した。

 2位はリュボーフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコヴィッチ、3位はカースティン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロだった。

バーチュー&モイアが貫禄の優勝。

 アイスダンスでは、テッサ・バーチュー&スコット・モイアが予想通り圧勝を果たした。SD、FDともにほとんどの要素にプラス3がつけられ、フリーでは何と5コンポーネンツのうち、4部門で満点を獲得してカナダ選手権の記録を塗り替え、元五輪王者の貫禄を見せつけた。彼らにとって、3年ぶり7度目のタイトルである。

「ショートダンス、フリーとも良い滑りができたことを誇りに思う。四大陸、世界選手権に向けて、大きなステップになりました」とモイアが演技後にコメントした。

 2位は昨年のチャンピオン、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ、3位はパイパー・ギレス&ポール・ポワリエだった。

 カナダ連盟は、順当に各部門のトップ3を四大陸選手権代表に選抜した。

 世界選手権は男女シングルは2枠のため、トップ2選手が出場する。

関連記事

BACK 1 2 3
パトリック・チャン
ケヴィン・レイノルズ
ナム・グエン
ケイトリン・オズモンド
ミーガン・デュハメル
エリック・ラドフォード
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ