“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

身長が低くてもGKはやれる――。
青森山田、廣末陸とコーチの物語。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/01/15 11:30

身長が低くてもGKはやれる――。青森山田、廣末陸とコーチの物語。<Number Web> photograph by Takahito Ando

廣末(写真左)と大久保コーチ。トレーニングウェアの上からも、その鍛え上げた肉体がよく分かる2人である。

ただ「ありがとうございました」という言葉だけ……。

「ありがとうございました」

 優勝後、廣末は涙ながらに大久保に伝えた。もう他の言葉が出てこなかった。泣きながら、何度も繰り返したこの言葉。

「この3年間で大久保さんからGKとしてのあり方、人間性を学んだ。大久保隆一郎に出会えて本当に良かった」

 青森での二人三脚の旅はこれで幕を閉じた。

 だが次なるステージ、プロの世界での活躍は、恩師の想いも背負って戦うという強いモチベーションがある。

「成長する姿を見せるのは当たり前。大久保さんの想いを背負っていくつもりでこれからも努力していきたい」(廣末)

「これから先は非常に厳しいプロの世界。さらに背の低いGKに対する冷たい目を感じるかもしれない。でも、その壁を打ち破って行って欲しい。陸なら出来る」(大久保)

 2人の信頼関係はこれからも続いて行く――。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
大久保隆一郎
青森山田高校
廣末陸
FC東京

Jリーグの前後の記事

ページトップ