イチ流に触れてBACK NUMBER

「試合に出ないのは本当に疲れる」
来季も4番手のイチロー、本音は。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/12/13 11:00

「試合に出ないのは本当に疲れる」来季も4番手のイチロー、本音は。<Number Web> photograph by Getty Images

2015年は打率.229と低迷したが、2016年は打率.291と一気に向上したイチロー。契約更改では、再来年のオプションの話まで出たとも言われている。

「やっぱり試合に出ないのは疲れるなぁって」

 若く、走攻守に於いて能力の高いイエリチ、スタントン、オズナのレギュラー外野陣は、30球団ナンバーワンの評価がある。

 イチローも第4の外野手の立場を受け入れた上でマーリンズでのプレーを続けているが、今季最終戦終了後にはこんな言葉を残している。

「やっぱり、この4番目はしんどいですよ。それは確かなことですね。疲れます。でもそれは慣れなきゃしょうがないけど、なかなか慣れないね。なんと言ったらいいか……。できたかどうかはわからないですよ。感触の問題なので。でもやっぱり試合に出ないというのは本当に疲れるなぁって。休んでないからね、申し訳ないけど。そこは大きく違います。その見え方、見方は……」

 この行間には多くの言葉が隠れている。

 イチローの本音は「試合にずっと出ていた方が心身ともに楽。途中出場の方が技術的にも精神的にもきつい。スタメンで出続ければ……」に違いない。

 来季も第4の外野手。

 それでも不可能を可能にするべく、決してあきらめない。

 それがイチローだ。

関連記事

BACK 1 2 3
イチロー
上原浩治
大谷翔平
ドン・マッティングリー
クリスチャン・イエリチ
マーセル・オズナ
ジャンカルロ・スタントン
マイアミ・マーリンズ

MLBの前後の記事

ページトップ