畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

畠山健介「W杯で勝てるなら……」
フィジー戦の戦略意図を解説する。 

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph byAki Nagao

posted2016/12/08 11:00

畠山健介「W杯で勝てるなら……」フィジー戦の戦略意図を解説する。<Number Web> photograph by Aki Nagao

フィジーのオープンプレーでの迫力に押されてしまったジョセフ・ジャパン。試行錯誤だとすれば、実りがあったことを期待する他ない。

W杯まではすべて負けても構わないけれど……。

 フィジー相手にはどうすればよかったのか――。試合後、自分に問い続けた。僕は、極端な話になるが、W杯で勝てるのであれば、それまですべての試合に負けて構わないと思っている。だからと言って、目の前の試合に負けていいわけがないし、負けるつもりで戦うわけがない。

 最善を尽くす――。それでも勝てなかった時、反省し、次に繋がるよう負けた経験を活かし、次の試合に向けて切り替える、ということだ。最良の結果が、W杯で出るように。

 最善とは何か? 誰にとって最善であるべきなのか? 「最良」のための「最善」とは険しい道のりだ。僕はそれをエディー・ジャパンの4年間で学んだ。

 ジェイミー・ジャパンの初シリーズは1勝3敗。これで2016年のラグビー日本代表の全日程を終えた。

 最善とは? 最良とは? 僕らは問い続け、走り続ける。

 日本の、世界のラグビーファンだけでなく、ラグビーを未だ見たことがない人に、ラグビーの素晴しさを知ってもらうために、最善を尽くし、最良を積み重ねる。

 2019年を最高のW杯にするために。

畠山健介 公式SNSはコチラ!
公式ツイッター: https://twitter.com/03hatake
公式インスタグラム: https://www.instagram.com/hatake03/

ジェイミー・ジャパン誇り高き出航。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

畠山健介

ラグビーの前後のコラム

ページトップ