ゴルフPRESSBACK NUMBER

宮里藍とパッティングとおにぎり。
来季完全復活の兆しはどこから? 

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph byShizuka Minami

posted2016/12/04 07:00

宮里藍とパッティングとおにぎり。来季完全復活の兆しはどこから?<Number Web> photograph by Shizuka Minami

今季、パットに苦しんだ宮里。だが、イップス時代と比べると深刻さは比較にならないという。来季は宮里らしい精緻かつ大胆なプレーが復活するはず。

なぜ宮里はおにぎりを食べないのか?

「(日本人選手なら誰もが食べる)おにぎりをなぜ食べないの?」と問うと、いたずらっ子のようにニヤっと笑みを浮かべて「(朝には)米を炊いて握る時間がないからね」と冗談を飛ばしてきた。

 身体のことを第一に考えると今の自分は何を食べるべきなのか――宮里のアスレティックトレーナーを務める山本邦子と、ここ10年ほど様々に試行錯誤、相談しながらやってきた。その結果が、今季のジャーキーとプロテインシェイクだったわけだ。もちろん、来季の食べ物についても、また山本と新しい作戦を練るのだと言う。もしかすると、来季は再びおにぎりを食べることも、あるかもしれない。

パットさえ安定すれば、まだ優勝争いができるはず。

 20歳そこそこの“リディア・コ世代”の活躍がめざましいが、パットが安定すれば今季の序盤のように優勝争いする力が、宮里にはまだ十分ある。

 好調と不調の両方を経験した分、来季への課題は明確だ。まずは腰を治すこと……その最優先事項の先に、本当の復活があるはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

宮里藍
リディア・コ

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ