サムライブルーの原材料BACK NUMBER

「20億円稼げる選手になってやる」
小林祐希、代表は我が道の先に。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/11/03 11:30

「20億円稼げる選手になってやる」小林祐希、代表は我が道の先に。<Number Web> photograph by AFLO

小林はかつて小野伸二が所属したフェイエノールトに対して一歩も引かなかった。見据えるものはチームの勝利と、自身の価値向上である。

ハリルに対して“自分の力を認めさせてやる”。

 野望を成し遂げるには、立ち止まっている時間などない。「一個先を考えて」彼は貪欲に成長曲線を描こうとしている。充実はあっても満足はない。常に何かを欲して、探して、目をギラつかせている。

 6月のキリンカップでA代表に初招集されて以降、呼ばれていない。

 代表に対する思いは強い。と同様にハリルホジッチに対して“自分の力を認めさせてやる”という思いも感じる。

 彼はこう語っていた。

「ハリルさんの勝利に対する執着心はもの凄いと思います。ミーティングは長いし、練習中もピッと笛で止めて(選手に)言ってくる。監督が熱く来てくれるんだから、俺はそれ以上の熱で返したい。また代表に呼ばれたい」

 ハリルジャパンは11日の親善試合オマーン戦(茨城県立カシマサッカースタジアム)、15日のロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア戦(埼玉スタジアム2002)に向け、4日にメンバーが発表される。

 波に乗るヘーレンフェーンの原動力になっている彼がハリルジャパンに加われば、チームが活気づくという期待感もある。

 デュエルの力を上げてオランダから猛烈にアピールする小林祐希は、指揮官を振り向かせることができるだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
小林祐希
ヘーレンフェーン
ヴァイッド・ハリルホジッチ
本田圭佑

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ