フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

GPシリーズでいよいよ羽生結弦登場!
スケートカナダ、徹底検証プレビュー。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO

posted2016/10/27 17:00

GPシリーズでいよいよ羽生結弦登場!スケートカナダ、徹底検証プレビュー。<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO

4回転トウループ、4回転サルコウ、4回転ループを跳ぶ羽生。羽生の活躍によって、男子フィギュアスケート界は間違いなく新時代に突入した。

一方、パトリック・チャンの今シーズンは?

 25歳のパトリック・チャンは、8月にキャシー・ジョンソンコーチが辞任し、ベテランの振付師でもあるマリナ・ズエバコーチに移ったばかりである。

 ソチ五輪前までは、羽生がチャンを追いかけていたが、ソチ五輪以降その立場は逆転した。チャンが最後に羽生を上回ったのは、昨シーズンのこの試合だった。だがここで2位に終わったことが、羽生の闘志に火をつけて、次の「NHK杯」、そして「GPファイナル」で続けて歴代スコアを更新したあの凄い演技につながった。

 チャンは、フリーに2度目の3アクセルを加えて4トウループ2度、3アクセル2度の構成で挑む。だがいくらスケーティング技術に長けたチャンでも、3種類の4回転を持つ今の羽生とこのジャンプ構成で戦うのは、現実的に厳しいだろう。

 そのことを誰よりもわかっているのは、チャン本人に違いない。

 調子が良ければ、フリーに4サルコウを加えると宣言している。

無良の新プログラムにも期待!

 9月にソルトレイクシティで開催された「USインターナショナルクラシック」で、ジェイソン・ブラウンに次いで2位というシーズンスタートをきった無良崇人も、メダル候補だ。

 年々ベテランらしい味わいをその演技に加えていっている無良の、新プログラムに期待したい。

 中国のハン・ヤン、世界で一番最初にSPで4回転を2度成功させたスケーターであるケヴィン・レイノルズ、グラント・ホチステインとロス・マイナーのアメリカ勢、ネーベルホルン杯で初優勝を飾ったロシアのアレクサンドル・ペトロフなども、表彰台を狙ってくるはず。

 世界ジュニアチャンピオン、ダニエル・サモヒン、そしてウズベキスタンのミーシャ・ジーなど、個性派選手の演技にも注目だ。

【次ページ】 宮原知子、メドベデワらが優勝候補に。

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
パトリック・チャン
無良崇人
ハン・ヤン
ケヴィン・レイノルズ
グラント・ホチステイン
ロス・マイナー
アレクサンドル・ペトロフ
ダニエル・サモヒン
ミーシャ・ジー
エフゲニア・メドベデワ
本郷理華
エリザベータ・トゥクタミシェワ
ケイトリン・オズモンド
長洲未来
宮原知子
オリンピック・パラリンピック
平昌五輪

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ