フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

GPシリーズでいよいよ羽生結弦登場!
スケートカナダ、徹底検証プレビュー。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO

posted2016/10/27 17:00

GPシリーズでいよいよ羽生結弦登場!スケートカナダ、徹底検証プレビュー。<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO

4回転トウループ、4回転サルコウ、4回転ループを跳ぶ羽生。羽生の活躍によって、男子フィギュアスケート界は間違いなく新時代に突入した。

宮原知子、メドベデワらが優勝候補に。

 女子は、宮原知子が新世界チャンピオンのエフゲニア・メドベデワと優勝を競うことが予想される。「USインターナショナルクラシック」で優勝し、「ジャパンオープン」では2位(1位はメドベデワ)と順調なスタートをきった宮原の、新フリー『スター・ウォーズ』のレイア姫が、今シーズンどのように洗練されていくか、楽しみだ。

 本郷理華は今シーズンは、SPシェイリーン・ボーン振付『カルミナ・ブラーナ』、フリーが鈴木明子振付の『アラビアのロレンス』で挑む。また昨シーズン、初挑戦したこの大会で3位入賞を果たした17歳の永井優香は、SP『ラベンダーの咲く庭で』から『バイオリンと管弦楽のためのファンタジー』、フリーが『レジェンド・オブ・フォール』と、映画サントラシリーズで挑む。

トゥクタミシェワら実力派も勢ぞろいする女子。

 他にもちろん忘れてはならないのは、2015年世界チャンピオン、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワである。

 ネーベルホルン杯で2位、フィンランディア杯では4位に終わったものの、これから調子を上げてくる可能性は十分にある。

 カナダのケイトリン・オズモンド、アメリカの長洲未来などのベテラン勢も、ベストな滑りを見せれば誰がメダルを手にしてもおかしくない。

 女子の表彰台争いは、かなりの白熱戦になりそうだ。

【次ページ】 ペア、アイスダンスでも世界王者クラスが続々出場!

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
パトリック・チャン
無良崇人
ハン・ヤン
ケヴィン・レイノルズ
グラント・ホチステイン
ロス・マイナー
アレクサンドル・ペトロフ
ダニエル・サモヒン
ミーシャ・ジー
エフゲニア・メドベデワ
本郷理華
エリザベータ・トゥクタミシェワ
ケイトリン・オズモンド
長洲未来
宮原知子
オリンピック・パラリンピック
平昌五輪

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ