プロ野球亭日乗BACK NUMBER

ボール球が来る事はわかっていた。
大谷翔平が制した駆け引きの内実。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/10/26 12:30

ボール球が来る事はわかっていた。大谷翔平が制した駆け引きの内実。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

チームから手荒な祝福を受ける大谷翔平。一度は中田翔に譲りかけた主役の座が、再び彼のもとに戻ってきた。

ルールではボールでも、大谷にはストライクだった。

 ボール球でも自分のゾーンなら積極的に手を出していく。その上で冷静に配球を絞り込んで網を張って待っていた。

「その前に2つ真っ直ぐを見ていますし、詰まっても落ちればいいかなと思っていた。インコースはもともとそんなに苦手ではないですし、反応できると思っていた」

 そこに、注文通りのインローのストレートがきた。そこはルールブックではボールだが、大谷にとってはストライクだったわけである。

 これでシリーズは1勝2敗となった。

 この日の大谷は、サヨナラ打以外にも2本の二塁打を放つなど大暴れ。本拠地に戻り大谷が「3番・指名打者」に入ったことで、日本ハム打線の攻撃力は大幅に改善されることになり、広島一辺倒だった勝負の流れも変わってきている。

 広島は改めて対策の練り直しを迫られるが、いずれにしろ札幌ドームでの3試合は、打者・大谷を軸に展開されることだけは間違いない。

Baseball CLIMAX 2016

Sports Graphic Number 912

Baseball CLIMAX 2016

 

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
中田翔
北海道日本ハムファイターズ
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ