ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

井上尚弥、またも「故障でKO防衛」。
最高のポテンシャルと低い安定感。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/09/05 11:15

井上尚弥、またも「故障でKO防衛」。最高のポテンシャルと低い安定感。<Number Web> photograph by AFLO

世界的にも「モンスター」と呼ばれ評価が高い井上尚弥。しかし調子の乱高下を克服しなければ、大一番は分の悪い博打になってしまう。

この日の井上では、ロマゴンには勝てない。

 対戦が最も注目されるパウンド・フォー・パウンド最強ボクサー、ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は現地時間10日、米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のザ・フォーラムで4階級制覇をかけてWBC世界スーパーフライ級王者のカルロス・クアドラス(メキシコ)に挑戦する。井上は現地まで足を運び、この試合を観戦する予定だ。

 ゴンサレスはもちろん、クアドラスにしても、この日のような井上の出来で勝利できる相手ではない。“本当のライバル”たちの試合を目の当たりにし、目指すべき舞台の空気を吸いながら、いまの自分に本当に必要なことを日本の若きチャンピオンは確認するのだろう。真の勝負はこれからが本番だ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上尚弥
ペッチバンボーン・ゴーキャットジム
ローマン・ゴンサレス
カルロス・クアドラス

ボクシングの前後のコラム

ページトップ