Jをめぐる冒険BACK NUMBER

柏の小さな巨人が示した川崎攻略法。
155cm・中川寛斗の“気が利く守備”。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/08/30 11:00

柏の小さな巨人が示した川崎攻略法。155cm・中川寛斗の“気が利く守備”。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ここ近年多くの選手がトップ昇格を果たしている柏の育成組織。手塩にかけて育てた選手のひとりが中川である。

本来の理想は、川崎を防戦一方にするサッカー。

 柏にとってこの試合は完勝だったと言ってもいい。だが、それでも試合後の選手たちの表情が会心の笑顔からほど遠いものだったのは、"本来は"似たスタイルであるはずの彼我の差を、大きく見せつけられたからだろう。

「今日はたくさんのゴールが入りましたけど、僕らはもっとボールを持たないといけないチームだし、初歩的なミスもあったので、それを直さないと、たとえ首位に立ったとしても、心の底から喜べない」

 中川がそう振り返れば、大谷秀和に代わってキャプテンマークを巻いている秋野央樹もきっぱりと言った。

「本当はボールを握って真っ向勝負をしたかったんですけど、相手のほうに分があったので守備を固めてカウンターを狙おうと、みんなで切り替えた。今のJリーグで川崎が『守って、守って』という試合は見たことがない。それができるのは僕らか浦和しかないと思うので、次にやるときこそ五分五分のサッカーがしたいと思います」

 柏は今シーズン、川崎との二度の対戦を済ませている。秋野の言う「次にやる」機会がチャンピオンシップになったなら――。柏にとってそれが最高のシナリオだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4
柏レイソル
川崎フロンターレ
中川寛斗
中村憲剛
大島僚太
下平隆宏
クリスティアーノ
ディエゴ・オリヴェイラ
秋野央樹

Jリーグの前後の記事

ページトップ