野球善哉BACK NUMBER

甲子園の“エース酷使”解決策。
高校野球にリーグ戦の導入を! 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/08/29 11:50

甲子園の“エース酷使”解決策。高校野球にリーグ戦の導入を!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

3度目の甲子園でも、その存在感を十分に見せつけた木更津総合のエース早川。千葉大会からの疲れが甲子園でも残っていたのかどうか……。

「負けても次がある」戦いで、選手に出場機会を。

 登板過多、夏の暑さ、熱中症対策など、投手1人が投げ抜いていくという時代が終焉に近づいている今、その環境を作ることが急務だ。

 現在の年間スケジュール、大会の方式のまま、夏の大会だけ投球数制限やイニング制限をしても、選手を多く抱えられる私学が公立校よりも優位に立つのは明らかだろう。

 しかし、開催形式自体を見直してみれば、大きく変化できるはずだ。その1つの方法論として、リーグ戦方式の長期に渡る公式戦の開催を挙げたい。

 秋から春にかけて、一戦必勝のトーナメント制とは違う戦いを続けていくことで、たくさんの投手に出場機会が与えられる。ひいては複数投手育成につながるはずだ。またリーグ戦の「負けても次がある」戦いは、投手だけでなく野手においても選手を多く起用する機会が増えるし、作戦面でも大きな変化を生むだろう。

 失敗を恐れない環境づくり。それこそが、高校球児がすくすくと伸びていく要素の一つになる。

関連記事

BACK 1 2 3
木更津総合高校
履正社高校
横浜高校
花咲徳栄高校
早川隆久
五島卓道
藤平尚真
高橋昂也
寺島成輝

高校野球の前後の記事

ページトップ