リオ五輪PRESSBACK NUMBER

何度も、何度も観客に感謝のお辞儀。
ボルトが告げたトラックへの別れ。 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/19 19:00

何度も、何度も観客に感謝のお辞儀。ボルトが告げたトラックへの別れ。<Number Web> photograph by JMPA

ウサイン・ボルトはゴールラインを越えた瞬間から無念さを全身で表明し、そして観客に向けて笑顔を作った。その様は、まさにスターだった。

僕の舞台を見に来てくれてありがとう。

「勝つために五輪に来たし、勝つことができた。勝利には満足しているけれど、タイムは全然満足していない。世界記録の自信はあったけれど、コーナーを抜けたあたりでタイムは狙えないと思った」

 6日間で、100mと200mの6レース。閉会式の行われる21日に30歳の誕生日を迎えるボルトの体には、確実に疲労がたまっていた。

「疲れた。もう年だ。リカバリーも昔みたいに早くできないよ。若いやつはいいよな」

 銀メダルをもぎとった21歳のドグラスを見やりながら、ボルトはそう話した。

「目標だった2冠を達成できて幸せだ。ここまでは予定通りだ。あと1つ、リレーで最後の五輪になる」

 100m決勝ではゴールした後もそのまま第2コーナーあたりまで走り続けたが、今日は違った。

 勝利の余韻と自身の舞台のフィナーレをかみしめるように、ゆっくり歩を進め、何度も何度も足を止めて観客に深々とお辞儀をした。

 僕の舞台を見に来てくれてありがとう。本当に本当にありがとう、と心の中でつぶやいた。

 メダリストたちが出席する記者会見が終わったのは、レースから約2時間後だった。長い夜が終わり、外に出ると土砂降りの雨が叩きつけていた。ボルトとの別れを惜しむかのように。

関連記事

BACK 1 2
ウサイン・ボルト
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ