リオ五輪PRESSBACK NUMBER

渡部香生子、涙のロンドンから4年。
伊藤華英が「繊細」と感じる理由。 

text by

伊藤華英

伊藤華英Hanae Ito

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/08/08 07:00

渡部香生子、涙のロンドンから4年。伊藤華英が「繊細」と感じる理由。<Number Web> photograph by AFLO

昨年の世界選手権で果たした18歳265日での優勝は、日本の最年少記録。渡部香生子は間違いなく、スペシャルな選手の1人なのだ。

涙の香生子から、笑顔の香生子へ。

 そんな中、オリンピックの内定を持たない選手が命をかけて戦う、オリンピック選考会が4月に行われた。香生子にとっては、不安の多いレースだった。彼女自身は、オリンピック行きを決めている。でも、勝たないといけない。当然プライドがあるし、本番前の時期に、勝てない自分とは出会いたくない。

 200m平泳ぎは、世界記録に0.54と迫った金藤理絵選手には敗れたものの、2位。100mでは見事3連覇を果たした。「香生子、スイッチ入ればいける」と思わせてくれたレースでもあった。

 200m個人メドレーではまさかの3位で代表を逃してしまったが、この落選は良い方向に向かうと信じている。何より、平泳ぎに集中できるチャンスだ。

 最近は、練習も充実したものになった。この激動の4年間が彼女をタフにしたのだろう。

 きっとこのリオが、渡部選手が、新たな自分に出会える場所になることを信じている。

 涙の香生子から、笑顔の香生子へ。

コメント

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡部香生子
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ