オリンピックPRESSBACK NUMBER

世界水泳のトラブル対応で見えた、
入江陵介が長年トップで戦える理由。

posted2019/07/24 08:00

 
世界水泳のトラブル対応で見えた、入江陵介が長年トップで戦える理由。<Number Web> photograph by AFLO

スタート器具につかまる入江陵介。長年トップで戦ってきた選手にとっては、今回の騒ぎは1つの要素でしかないのだろう。

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph by

AFLO

 競泳競技が21日からスタートした、FINA世界選手権(韓国・光州)。

 初日からアダム・ピーティー(イギリス)が100m平泳ぎで人類初の57秒の壁を突破する、56秒88という驚異的な世界記録を樹立したり、女子自由形中長距離の女王ケイティ・レデッキー(アメリカ)が400m自由形で敗北を喫するなどの話題が世界中を飛び交っている。

 同時に、男子400m自由形で4連覇した孫楊(中国)に対してマック・ホートン(オーストラリア)が表彰台を共にすることを拒否するなどのネガティブメッセージがあったり、女子100mバタフライで表彰台に上がった3人が「Ikee・NEVER・GIVE UP・Rikako」と手のひらに書いてメッセージを送るという、スポーツマンシップの鑑とも言える行動があったりと、ニュースには事欠かない。

トラブルで3度のスタートやり直し。

 そのなかで、シモーネ・ザッビオーニ(イタリア)という選手が3回ものスタートのやり直しをさせられた。それは男子100m背泳ぎの予選での出来事だった。

 バックストロークレッジというのは、背泳ぎのスタートの際に足をかける装置のこと。2014年から採用されて以来、背泳ぎのスタートで足を滑らせる選手はほぼいなくなった。

 ところが、ザッビオーニがスタートの際に足を滑らせて、ひとりレースを中断。原因は、本来固定されるべきバックストロークレッジのベルトが動いてしまい、スタートできなかったのである。

 このバックストロークレッジは、足をかけるバーの高さを細かく調整できるように作られている。

 初期のものは手動だったが、現在は自動でベルトを動かせるようになっていた。この自動でベルトを巻き上げたり固定したりする部分に不具合があったようで、スタート時にバーに力が加わるとベルトが一気に緩み、バックストロークレッジ本来の役割を果たさなくなってしまっていたのだ。

【次ページ】 女子のレースでも起きた不具合。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

入江陵介

水泳の前後のコラム

ページトップ