モータースポーツ解体新書BACK NUMBER

レース中に12時間におよぶAT交換。
結果以上に、トヨタが手にした成果。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

photograph byTOYOTA

posted2016/07/25 13:00

レース中に12時間におよぶAT交換。結果以上に、トヨタが手にした成果。<Number Web> photograph by TOYOTA

LEXUS RCのトランスミッション交換は、真夜中から翌日の昼まで12時間ぶっ通しという想像を絶する過酷な作業となった。

レース結果には記されないが、大きな成果を得た。

 12時間近くの作業を経てLEXUS RCは再びコースへ復帰した。

 作業をやり遂げたメカニックたちは、悔しさと達成感と疲労で泣きじゃくったという。高木はその中に、社内技術者の姿を見つけた。本来ならばベースとなる市販乗用車をレースに投入した場合、後方支援に回り、レースの現場に顔を出さないが、10年目の節目を迎えた今年、社内技術者も、知見を物にするために加わり、現場のメカニックと一緒になって闘い、涙を流したのだった。

「結局、その後リタイアはしたものの、少しでもいいクルマをつくろうとみんなが一丸になれたことが、一番嬉しかったし感動しました。クルマは完走させられなかったけど、人は完走したんだなと思いました」(高木)

 今年のニュルブルクリンク24時間レースで、TOYOTA GAZOO Racingは、レース結果には記されない部分で、確実にクルマを鍛え、人を鍛えるという成果を残したのである。

『TOYOTA GAZOO Racing』
http://toyotagazooracing.com/

ニュルブルクリンク24時間レース
http://toyotagazooracing.com/jp/nurburgring/

ニュルブルクリンクへの挑戦 2016
http://gazooracing.com/pages/special/challenge/nurburgring/2016/

関連記事

BACK 1 2 3 4
大阪晃弘
高木実

モータースポーツの前後の記事

ページトップ