オリンピックへの道BACK NUMBER

パイオニアがやり残したものとは。
フェンシング・太田雄貴の集大成。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/07/11 07:00

パイオニアがやり残したものとは。フェンシング・太田雄貴の集大成。<Number Web> photograph by AFLO

リオ五輪が自身にとって最後の五輪だと語る太田。センターポールに日の丸を掲げることはできるか。

団体での出場権を獲れなかったからこその覚悟。

 自身の意欲に加え、新たなモチベーションも加わった。

 世界選手権で金メダルを獲得したあと、太田は、出場権争いで瀬戸際にあった団体に力を尽くしたいと語っていた。日本フェンシング界のリーダーとしての自覚と責任から、見過ごすわけにはいかなかった。

 だが、奮闘むなしく、出場権を得ることはできなかった。ロンドンでの栄冠をつなぐことはできなかったこと、後輩たちを連れて行けなくなったことを意識するからだろう、太田はこう語っている。

「みんなのためにも勝ちたい」

 太田は、オリンピックはリオデジャネイロが最後であり、2020年の東京五輪は考えていないことも明らかにしている。

 キャリアの集大成となる大会で、どのような戦いぶりを見せるか。

 自身のために、そして仲間、日本フェンシング界のために戦うパイオニアの姿が注目される。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

太田雄貴
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ