松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹が失った「満々の自信」。
全米OPの予選落ちとは何だったか。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2016/06/20 11:30

松山英樹が失った「満々の自信」。全米OPの予選落ちとは何だったか。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

松山英樹にとってメジャーでの予選落ちは2014年のマスターズ以来。2戦連続の予選落ちは2年2カ月ぶりである。

今はまだ、悔しさすら感じない。

 ジョンソンとガルシアがリーダーボードを駆け上る一方で、自分だけが蚊帳の外になったことは「悔しさを倍増させましたか?」と尋ねてみると、松山は首を横に振った。

「いや、悔しさは多少なりともありますけど、そこまで考えるだけの技術がなかったので。そうやって悔しいと思えるところまで行ければ、いいかなと思います」

 互角に戦って負けて悔しいというのではなく、今はまだ悔しさすら感じることのできない手前の段階。これから本当の難所に辿り着き、そこで世界のトップ中のトップたちと互角に戦っては跳ね返されることを繰り返し、いつかその難所を通り抜けることができたら、その先にようやくメジャー優勝がある。

 人生は長い。道は長い。オークモントで味わった屈辱と落胆は、今はきっと松山の胸の中の多くの部分を占めているだろう。けれど、それは長い長い道の上では小さな小さな1点にすぎず、再び前進を始めれば、そのうち消えていく。

「何やってんだろう? 試行錯誤しているのかな? 何がしたいのか、自分でわかっていないので、それをしっかり作っていきたい」

 前進、前進、また前進。進むほどに傷は癒え、糸口も見えてくる。難所はその先にあり、頂点はもっと先にあり、前進さえしていれば、少なくとも遠ざかることはない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松山英樹
ダスティン・ジョンソン

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ