プロレスのじかんBACK NUMBER

ベルトを巻かない王者・柴田勝頼。
限りあるプロレスラー人生を思う。

posted2016/02/16 10:40

 
ベルトを巻かない王者・柴田勝頼。限りあるプロレスラー人生を思う。<Number Web> photograph by Essei Hara

「トップの人間がひとり消えた。それをチャンスと捉えないヤツはプロレスをやめたほうがいい」と語る柴田。

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph by

Essei Hara

「あの日、中邑と話したこと? 言わないほうがいいでしょう」

 1月30日、後楽園ホールでのラストマッチを最後に、新日本プロレスを退団した中邑真輔。大会終了後の控え室で、長年、犬猿の間柄であった柴田勝頼は、自ら中邑に声をかけていた。

「10年前だったら成立しないシチュエーション、会話だったとは言えるでしょうね。ほかの選手がみんな意外とハケるのが早くて、俺はまだひとりシャワーを浴びたりしてたんですよ。そのあと、なんとなく『まだいるかな?』と思って向こうの控え室を覗いたら、いたんで。(声をかけたのは)たまたまですよ」

 ほんの二言三言だったが、2人きりで会話をしてみて、中邑に対する印象が変わることはさほどなかった。ただ、柴田が新日本を退団した10年前の頃と比べて、「意外と物分かりがいいやつなんだな」と感じた。

 10年という時間は、人も、取り巻く状況も、大きく変化させていた。

「もし、俺があいつの控え室に顔を出したとしても、無視されていたかもしれない。その前に、俺も何も言わないで帰っていたかもしれない。うん、10年前だったらそうだったでしょうね」

「『向こうに行ってもがんばれ』とは言わない」

 同学年。36歳となった柴田は、中邑の退団、WWE行きを他人事と捉えることはできなかった。自分もこれから、残された、限りのあるレスラー人生をどうやって過ごしていくのか。そのことについて真剣に考える機会になったという。

「俺は、みんなみたいに『向こうに行ってもがんばってほしい』なんて言わないっスよ。がんばるのは当たり前なんで。ただ、いつの時代も、新日本にずっととどまる人間と、出て行く人間の2つのタイプがいる。そっち側とこっち側。本当に少しだけの会話でしたけど、『やっぱりおまえもこっち側なんだ』と感じたんですよね。なんだかんだで、ああ、こいつも“新日本”なんだなと思いました」

 そのことに気づけただけで十分だった。

【次ページ】 なかなかベルトを腰にしない柴田の真意とは?

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

新日本プロレス
柴田勝頼
中邑真輔
石井智宏
中西学
永田裕志
小島聡
天山広吉

プロレスの前後のコラム

ページトップ