SCORE CARDBACK NUMBER

WWE入りの中邑に素直にエールを送れない理由。~ショーアップされた世界で彼はどう戦うのか~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2016/02/25 06:00

 1月末の契約更改で新日本プロレスを退団、米国WWE入りのために渡米した中邑真輔。身体検査を受けた後、WWEでのリングネームが「シンスケ・ナカムラ」に決まったらしい。

 先にWWE入りしている新日本で活躍のプリンス・デヴィットがフィン・ベイラー、ノアのKENTAがヒデオ・イタミに改名させられたのに比べ、かなりの好待遇で受け入れられたと判断していい。

 その中邑の新日本ラスト・マッチは1月30日の東京・後楽園ホール。“壮行試合”となった会場は超満員札止め。オカダ・カズチカ、石井智宏とトリオを組んで棚橋弘至、後藤洋央紀、柴田勝頼組と6人タッグマッチで激突、中邑が柴田に得意技のボマイェ(走り込みヒザ蹴り)を叩き込み、最後に石井が柴田に垂直落下式ブレーンバスターを決めて勝負をつけた。くねくねの中邑は「イヤァオ!」の雄たけび。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 526文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

SUPER RUGBY 2016

Sports Graphic Number 896

SUPER RUGBY 2016

 

中邑真輔

プロレスの前後の記事

ページトップ