フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生に続きフェルナンデス300点越え!
欧州4連覇達成と、次なる野望。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byISU via Getty Images

posted2016/02/02 10:40

羽生に続きフェルナンデス300点越え!欧州4連覇達成と、次なる野望。<Number Web> photograph by ISU via Getty Images

欧州選手権の表彰台。左からバイチェンコ、フェルナンデス、コフトゥン。ふたりの上機嫌、ひとりの不機嫌。

「もっと厳しい戦いが待っている」

 フェルナンデスが「日本の壁が立ちはだかっていることもあれば、それがカナダの壁のこともあります」と笑いながら返し、真面目な顔になって「もう何年もSPの難易度を同じに保ってきていたので、そろそろ変える潮時だと思った。下からもどんどん上がってくるし、勝ち続けたいならレベルアップしていくしかありませんから」と答えた。

「新たな歴史を刻むことができたのは嬉しいけれど、これが終わりではない。世界選手権ではもっと厳しい戦いが待っています」と言葉を結んだ。

イスラエルに初の欧州メダル。

 フェルナンデスが1位を独走した一方、2位以下の結果は大荒れとなった。

 総合2位に入ったのは、イスラエル代表のアレクセイ・バイチェンコだった。本人はウクライナ生まれで、米国のニュージャージーを拠点としてトレーニングをしている。

 SP、フリーともに4位だったが、242.56でトップと60ポイントの差で2位に。欧州選手権でイスラエル代表の選手がメダルを獲得したのは、初の快挙となった。

「この大会で表彰台に上がりたいとは思っていた。でも実際にこうしてメダルを手にして、まだ信じられずに言葉になりません」とコメントした。

3位となり、失意に沈んだロシアのコフトゥン。

 3位はSP2位から順位を1つ落としたロシアのマキシム・コフトゥンだった。

 SP直後の会見ではロシアの記者に「フェルナンデスに勝ちたいと思っているか」と質問されると、英語で「I will kill him!(ブチ殺します!)」と答え、会場内は爆笑となった。

 だが……4トウループで転倒し、3度目の4回転になるはずだったジャンプがパンクするなどのミスがあり、演技終了後がっくりと肩を落とした。

「演技直前に、なぜかものすごくあがってしまった。原因はまだわからない」とコメント。

 フリーは6位だったが、総合242.21で3位に食い込んだ。

【次ページ】 生徒の最後の演技に号泣したニコライ・モロゾフ。

BACK 1 2 3 NEXT
ハビエル・フェルナンデス
羽生結弦
アレクセイ・バイチェンコ
マキシム・コフトゥン
フロラン・アモディオ
ニコライ・モロゾフ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ