ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

村田諒太、遂に年内の世界戦を明言!
絶対王者を上回る速度で頂に立つ。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/02/02 10:30

村田諒太、遂に年内の世界戦を明言!絶対王者を上回る速度で頂に立つ。<Number Web> photograph by AFLO

圧力で完全に押し込んで危なげなく9勝目をあげた村田諒太。世界がようやく視野に入ってきた。

標的はWBO王者サンダース。勝てる、のか?

 上海での試合のあと、具体的な標的として、WBO世界ミドル級王者のビリー・ジョー・サンダース(英)の名前が浮上した。WBA&IBF2冠王者のゴロフキンが秋にWBC王者のサウル・アルバレス(メキシコ)との統一戦を予定しているから、今年中に世界挑戦する場合、サンダースの名前が挙がってくるのは驚くような話ではない。

 では、村田はサンダースに勝てるのか。正直なところ「大丈夫か?」というのが本音だ。私だけでなく、おそらく現時点で「勝てる」と言い切れる関係者は少ないはずだ。

 それでもなお「今年中に世界タイトルマッチ」というゴールが明確になり、いわば退路を絶たれたことは、プラスに作用するのではないだろうか。要は、腹を括れるのだ。

 本田会長は以前「キャリアの中で“勝負”という試合が決まると、それに向けた練習で選手は大きく成長するもの」という話をしていた。多くの選手を手掛ける中で、実際にそのようなケースをたくさん見てきたのだろう。村田にも同じような成長を期待している。

 村田は上海の試合翌日「今年は勝負の年。人生を賭けてがんばる」と決意表明した。人生を賭け、栄冠を手にしたロンドン五輪から4年。大一番に向けたカウントダウンがいよいよ始まった。

関連記事

BACK 1 2 3
村田諒太
ゲンナジー・ゴロフキン
ビリー・ジョー・サンダース
ガストン・アレハンドロ・ベガ

ボクシングの前後の記事

ページトップ