プロレスのじかんBACK NUMBER

世界が注目する1.4AJスタイルズ戦!
中邑真輔は、ありのままの姿で闘う。 

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2015/12/17 15:20

世界が注目する1.4AJスタイルズ戦!中邑真輔は、ありのままの姿で闘う。<Number Web> photograph by Essei Hara

ドーム大会では過去3年連続でIWGPインターコンチネンタル王座戦に出ている中邑。「WWEを除けば、世界で一番のカードだと思っている」とコメントした。

AJとの戦いは世界中が注目する対決。

 中邑の個人史としても、2015年、飯伏戦で100点超えをたたき出し、G1決勝の棚橋戦で完全燃焼をした。あとはAJしかいなかった。

「自分で言うのもおこがましいですけど、世界中が注目する対決なわけじゃないですか。“ベスト”は世界中にいっぱいいる。でも、間違いなく“ベスト・イン・ザ・ワールド”vs.“ベスト・イン・ザ・ワールド”。それが一番旬なタイミングで実現する」

 これまで、自らがその価値を積み上げてきたインターコンチのベルトすら単なる飾りでしかない、その飾りすらも必要ないかもしれないと思えるほどの一戦。

「本当の、ありのままの中邑真輔で闘うのが一番だと思う。小細工、飾り、ヘンな味付け、そのいっさいが要らないもの」

 あくまで試合は誰よりも自分が一番楽しむつもり。中邑にとって待ちに待った、これ以上ないタイミングでの一騎打ち。しかも初対決。東京ドームという大舞台で最高の相手と闘うその時間、空間、すべてを噛み締めたいと思っている。

 その一戦が終わったあと、どうなるかなんて、考えてもいない。

 2016年、中邑真輔はしょっぱなでいきなり燃え滾る――。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中邑真輔
飯伏幸太
永田裕志
後藤洋央紀
棚橋弘至
AJスタイルズ

プロレスの前後のコラム

ページトップ