Jをめぐる冒険BACK NUMBER

今野泰幸と森崎和幸の“天国と地獄”。
CSは冷静さが問われる特別な場所だ。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/12/03 18:20

今野泰幸と森崎和幸の“天国と地獄”。CSは冷静さが問われる特別な場所だ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

自らのゴールで勝ち越しから一転、ミスで勝利を失った今野泰幸。しかしまだ決勝は終わっていない。

森崎「大舞台でやってはいけないミスでした」

 DFをひとり失ったG大阪は直後、89分に右サイドバックの米倉恒貴を送り出したが、その際代わってベンチに下げたのが、トップ下の宇佐美貴史だった。マークすべきトップ下の選手がピッチからいなくなり、森崎は攻撃に参加しやすい状態となっていたのだ。

 もっともその森崎も、0-0で迎えた60分、佐々木からのなんでもない横パスを後ろにそらし、長沢に先制ゴールを奪われる、痛恨のミスを犯している。

「(後ろにいた)千葉ちゃんから名前を呼ばれたから、触らずに任せようと思ったら、千葉ちゃんは僕からパスを受けようと名前を呼んだみたいで、コミュニケーションのミスというか、大舞台でやってはいけないミスでした」

 そのまま敗れていれば、悔やんでも悔やみきれないミスだったに違いない。

 素晴らしい読みでインターセプトし、山岸のクロスをお膳立てした森崎だが、それで帳消しになったとはまったく考えていないようだった。

「全体を通して自分自身はあまり良いプレーができなかったので、ホームに戻ったらチームに貢献するようなプレーをしたいし、ホームではこの得失点差を守ろうとするのではなく、ホームでも勝つ気持ちで戦いたい」

 森崎自身に限らず、この日の広島は「こういう試合を求めていたわけではなかった」とキャプテンの青山も認めたように、90分を通して決して満足のいくチームパフォーマンスを見せられたわけではなかった。

広島優位は間違いないが、ガンバも自信を見せる。

 むしろ最後の5分以外、理想に近い形でゲームを進めていたのはG大阪のほうだった。

「近くの選手が『焦らないでやろう』と声をかければよかった話で、コンちゃんを責めるつもりはまったくない」と、今野をかばったキャプテンの遠藤保仁は「守備は非常に安定していたし、相手のバイタルエリアも攻略できていたと思う。次の試合でもうまく試合に入れれば、逆転は十分可能だと思っています」と自信をみせた。

 12月5日に広島のホームで行なわれる第2戦。広島が勝つか引き分ければ文句なしに、0-1か1-2で敗れても広島の優勝が決まる。

 一方、G大阪が優勝するには2点差以上で勝つか、1点差の勝利でも4-3以上のスコアが必要になる。3-2でG大阪が勝利した場合のみ、延長戦にもつれ込むことになる。

 第1戦で広島は、途中出場させた浅野、山岸、柏の3人全員が決勝ゴールに絡む活躍を見せ、G大阪は今季初めてスタメンに抜擢した長沢が前線からのプレスやプレスバックのみならず、先制ゴールまで決めてみせた。

 冴え渡った両指揮官の采配、駆け引きも含め、第2戦も一瞬たりとも目が離せない、痺れるようなゲームになるに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
今野泰幸
森崎和幸
サンフレッチェ広島
ガンバ大阪

Jリーグの前後の記事

ページトップ