フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

カナダGPは波乱のち、名演技続出。
チャンが優勝、羽生も6位から挽回。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/11/03 11:00

カナダGPは波乱のち、名演技続出。チャンが優勝、羽生も6位から挽回。<Number Web> photograph by AFLO

フリーで驚異的挽回を見せた羽生。歴代のSP最高得点記録は羽生、フリーの記録はチャンが持つ……名勝負はこれからも続く。

ノーミスで滑りきった村上大介が3位に。

 チャンの興奮が冷めやらない会場の中、村上大介が登場した。冒頭の4回転サルコウ、続く4回転サルコウ+2回転トウループと、ジャンプがきれいにきまっていく。YOSHIKIの「アニバーサリー」の音楽に合わせて、3アクセルも2度成功。最終滑走というプレッシャーに屈することなく、村上は最後までノーミスで滑りきった。フリー171.37、総合252.25。5コンポーネンツの伸び方などでトップ2人には及ばなかったものの、3位に留まって銅メダルを獲得した。

「ユヅルやパトリックが素晴らしい演技をするだろうというのは、わかっていた。終わった瞬間、順位が落ちたことはちょっと悔しかった。でも一緒に表彰台に上がったのがオリンピックメダリスト2人であることを考えたら、『自分は頑張ったじゃないか』という気持ちになれました」と会見で語った。

チャン「スケートは自分との戦い」

 優勝したチャンは、会見でこう語った。

「復帰は自分の意志だったけれど、こうして試合に出てストレスにさらされるとどうしてこんなことをしてしまったのだろう、という気になった。フリーの前はものすごく緊張し、すべてを遮断して自分のために滑ろう、と思った」

 羽生とのソチ以来の対決についての感想を聞かれると、こう答えた。

「ぼくも彼も、あれから多くのものをまた乗り越えて成長してきた。こうして一緒に戦うことができたのは嬉しい。でもスケートはボクシングとは違うから、結局相手を打ち負かすのではなく自分との戦いなんです」

 素晴らしい戦いを見せてくれた男子のフリー。SPの乱戦にも驚いたが、たった一晩で見事に立て直してきた羽生のメンタルの強さには改めて驚かされた。

 19歳の川原星は、欠場が出たため急遽繰り上がり出場となり、わずか一週間前に連絡を受け取ったという。

 初挑戦のGPで比較的まとまった演技を見せて12人中10位。演技後、「あまり緊張はなく、伸び伸びと滑れたのじゃないかと思います」と笑顔を見せた

 2週間後のフランスでは、チャンと村上大介、スケートアメリカチャンピオンのマックス・アーロンと2位だった宇野昌磨と、初戦2試合のメダリスト4名が顔を揃える。おそらく今シーズンのGP大会男子の中で、最大の激戦となるだろう。彼らにはバルセロナに到達するまで、厳しい戦いが待ち受けている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
羽生結弦
パトリック・チャン
村上大介

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ