JリーグPRESSBACK NUMBER

驚愕したガンバの新スタジアム。
募金140億円で作った“手づくり感”。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshio Ninomiya

posted2015/10/30 10:40

驚愕したガンバの新スタジアム。募金140億円で作った“手づくり感”。<Number Web> photograph by Toshio Ninomiya

視線の高さが変わらないこともあり、ピッチまでの距離は本当に近い。サッカー観戦はもっと面白くなる。

寄付者のネームプレートがスタジアム内に。

 140億円を大切に使うというスタンス。

 1回の申し込みで5万円以上の寄付者に対して、ネームプレートを用意してスタジアム内に飾られるという。

 募金活動は決して簡単ではなかった。

「(募金活動の)1期で集めることが目標だったんですけど、(1期に)集まったのは約78億円でした」と梅本広報は言った。

 クラブスタッフたちはあちこちでパンフレットを配った。試合の来場者、クラブのショップ、パートナー企業、行政や商工会議所などの会合……様々なところに顔を出しては、一人ひとりに熱心に説明して、協力を求めた。

「お孫さんの名前をネームプレートで残しませんか」

「新スタジアムを大阪、関西の活性化につなげたいんです」

 2期、3期でようやく募金の輪が広がってきた。それでもまだ6、7億円足りなかったという。そんな折、後押ししたのが他ならぬトップチームであった。

ガンバの3冠獲得で一気に広まった募金活動。

 J2から復帰した昨シーズン、リーグ制覇のみならず、ヤマザキナビスコカップも天皇杯も制して3冠を達成してみせたのだ。

 チームの活躍が新スタジアム設立を世間に広く認知させ、寄付の輪をさらに広げる形になっていった。

「募金していただいた、協力していただいたみなさんのおかげです。スタジアムをつくりたいという思いがあればできる。ガンバ大阪がもし、そういう道をつくれたのであれば、とてもうれしいですね」

 梅本広報は、そう言葉に力をこめた。

【次ページ】 大規模再開発で、観客動員も増えるか。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバ大阪
市立吹田サッカースタジアム

Jリーグの前後のコラム

ページトップ