全日本ラリー選手権レポートBACK NUMBER

全日本ラリー2015。
国内復帰2年目の新井が本領発揮。 

text by

CINQ(サンク)

CINQ(サンク)CINQ

PROFILE

photograph byTOYOTA

posted2015/09/17 18:00

全日本ラリー2015。国内復帰2年目の新井が本領発揮。<Number Web> photograph by TOYOTA

新型のスバルWRX STIを駆ってJRCポイントランキング(ドライバー部門)トップをゆく新井敏弘(9月17日現在)。

全日本を9回制覇、奴田原の苦戦。

 さらに噛み合わない戦いが続いているのが奴田原だ。

 全日本ラリー選手権のトップクラスではこれまで9回のチャンピオンを獲得している奴田原だが、今年の開幕戦では接戦で2位となったものの、第2戦、第3戦と連続リタイアを喫し、第4戦、第5戦は連続して4位止まりとなり、新井、勝田に引き離されている。

 混戦のJN5では、開幕戦勝利を挙げた眞貝が、第2戦でトップを走りながらもコースオフ。プジョー208の柳澤が逆転優勝を果たすという波乱があった。眞貝は第3戦で勝利を挙げた後、グラベルラリーの2戦をスキップした。柳澤も開幕戦4位、第2戦優勝、第3戦4位とターマックラリー3戦を終え、グラベルラリーをスキップしている。開幕戦3位、第2戦2位、第3戦2位と手堅く上位を続けた天野は、グラベルの第4戦で大クラッシュ、リタイアを余儀なくされた。しかし、第5戦では4位に入るしぶとさを見せ、シリーズポイントをリードしている。

 8月最終週に開催された第6戦「モントレー2015 in 嬬恋」は群馬県嬬恋村を拠点にしたターマックラリーだ。海外ラリーに匹敵するハイスピードラリーとして知られるモントレーは、2日間とも雨に見舞われる展開となった。

初日を制したダークホース・福永修。

 初日、激しい雨や霧など難しいコンディションで、JN6は順位が激しく入れ替わる展開となる。

 初日を制したのはダークホース的存在の福永修で、2位勝田、3位奴田原、4位新井を従えた。その福永は2日目早々にクラッシュして脱落。より激しい雨に、セッティングを変えた新井が大逆転で3連勝、今季4勝目を飾った。

 JN5も波乱の展開となった。初日からトップを走る眞貝だったが、2日目に天野に逆転を許すこととなった。初日2位で逆転を狙った柳澤はスピンしリタイアとなる。ヴィッツGRMNターボが全日本ラリー初優勝を飾り、天野はシリーズポイントのリードを広げた。

今週末の「RALLY HOKKAIDO」が天王山。

 第6戦を終え、JN6は新井が78.0ポイントでトップ。2位勝田範彦59.2ポイント、3位奴田原文雄40.0 ポイントと続く。JN5は天野智之が55.6ポイントでトップ、2位眞貝知志43.2ポイント、3位石田雅之34.2ポイントとなっている。

 シリーズ争いは残り3戦となった。今週末に行なわれる「RALLY HOKKAIDO」は長距離のグラベルラリーとなり、ポイント係数2、つまり通常の2倍のポイントが獲得できるシリーズ最大の見所だ。タイトル争いにとって、まさに天王山の戦いとなる。

TOYOTAのモータースポーツへの挑戦
『TOYOTA GAZOO Racing』   http://gazooracing.com

関連記事

BACK 1 2 3
奴田原文雄
勝田範彦
新井敏弘

モータースポーツの前後の記事

ページトップ