野球善哉BACK NUMBER

U-18W杯で清宮・オコエが更に高く!
甲子園開催の決勝に“帰って”こい。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/08/28 10:50

U-18W杯で清宮・オコエが更に高く!甲子園開催の決勝に“帰って”こい。<Number Web> photograph by Kyodo News

8月26日にナイターで開催された、高校JAPANvs.大学JAPANのU-18W杯壮行試合。投手は田中正義、打者は4番を務めた清宮。

清宮、オコエ、高橋純平……など錚々たるメンバーが。

 先日のヒーローインタビューでの上林の笑みには、この時の想いが少しは形になったという意味があったはずだ。

 彼のそんな気持ちを思い出した時、現在のU-18日本代表チームの存在意義を改めて感じた。

 今日、その上林が出場し屈辱を味わった「U-18ベースボールワールドカップ」に、新たなU-18日本代表が挑む。

 この夏の甲子園を沸かせた早実の清宮幸太郎や関東一のオコエ瑠偉ら、錚々たるメンバーが20人そろった。

 夏の甲子園出場組だけではなく、この秋のドラフト1位候補とされる県岐阜商の高橋純平や全国大会は未出場ながら、推薦から代表入りを果たした森下暢仁(大分商)、センバツ出場組の勝俣翔貴(東海大菅生)、宇草孔基(常総学院)らも招集された。

 今回のコーチングスタッフは準優勝した2年前と同じ。指揮官に大阪桐蔭の西谷浩一氏を据え、コーチは八戸学院光星の仲井宗基氏、高知の島田達二氏が務める。

優勝経験の無い日本だが、甲子園での開催となると……。

 過去、日本はこの大会で優勝したことがない。

 開催時期などの諸々の問題があって大会の参加にずっと消極的だったという理由もある。前回(2013年)は惜しくも準優勝に終わったが、それだけに今回は優勝への期待度も高く、加えて、3位決定戦と決勝を高校野球の聖地・甲子園で行うということもある。

 何が何でも「負けられない」と関係者の鼻息が荒いのは、そんな事情にもよるのである。

 だが、注目したいのは大会の成績だけではなく、代表チームがどのような影響を日本球界に残してくれるかだ。

 以前に本コラムでも、高校日本代表を取り上げたことがあったが、その頃と比べても高校球界における「JAPAN」の存在意義は少しずつ変化を見せ始めているのである。

【次ページ】 西谷浩一U-18日本代表監督が掲げた理念とは?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清宮幸太郎
オコエ瑠偉
上林誠知
西谷浩一

高校野球の前後のコラム

ページトップ