SCORE CARDBACK NUMBER

来季に向けた動きが始まる後半戦の焦点は、ボッタス。
~ライコネンとの“同郷争い”も~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/08/16 10:30

来季に向けた動きが始まる後半戦の焦点は、ボッタス。~ライコネンとの“同郷争い”も~<Number Web> photograph by Getty Images

2013年にF1デビューのボッタス(左)は25歳。マクラーレンのバトン(右)は古巣に復帰か。

 10年前にもうけられた8月の“F1夏休み”だが、来年からなくなる方向だ。7月10日にFIA世界モータースポーツ協議会で発表された'16年の暫定カレンダーでは、4月開幕の11月閉幕となり、史上最多21戦という過密スケジュール。8月には2戦組まれている。

 また、FIA、有力6チームなどが参加する「F1戦略ミーティング」では、'16年以降のさまざまな改革案が協議された。議題はマシン速度向上、外観デザイン変更、パワーユニット規定見直し、タイヤ選択一部自由化、予選レース導入など多岐にわたる。フォーミュラレースの最高峰としてのステータスを高め、活性化を図るアイデアである。というのも観客減少やTV視聴率低下が一部の国でみられ、彼らの間に危機感があるからだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

キミ・ライコネン
バルテリ・ボッタス
ジェンソン・バトン

F1の前後のコラム

ページトップ