Before The GameBACK NUMBER

父、辰吉丈一郎の愛と愛は溶けるのか。
~息子・寿以輝の連勝に何を思う~

posted2015/08/11 10:30

 
父、辰吉丈一郎の愛と愛は溶けるのか。~息子・寿以輝の連勝に何を思う~<Number Web> photograph by KYODO

プロ2戦目後、試合前に交通事故にあっていたことを明かした辰吉寿以輝。

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

KYODO

 せがれも王子だ。誰だって自分の息子はかわいい。だから思う。この父親はどうなってしまうのだろう。

 辰吉丈一郎。かつてプロボクシングの世界バンタム級チャンピオン。ストリートファイトの像もよぎる闘争心と、ストリートスマート(路地裏の級長)の思慮深さで難敵を仕留めた。

 その次男、寿以輝が7月20日、プロ2戦目となるバンタム級4回戦を2回KOで制した。対戦相手の岡村直樹は市役所勤務で、そこまで1勝3敗、「息子」の勝利に不思議はなかった。

 父、丈一郎はボクシングを愛している。そんなの当たり前ではないか、と表現の拙さを叱られそうだが、ラブの濃度と密度は「大好きです」の次元にない。それどころか「人生そのもの」の範疇にも収まらない。もはやタツヨシジョウイチロウという生命体と同化している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 902文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

夏の甲子園 百年の青春。

Sports Graphic Number 883

夏の甲子園 百年の青春。

 

辰吉丈一郎
辰吉寿以輝

ボクシングの前後の記事

ページトップ