野ボール横丁BACK NUMBER

清宮幸太郎、ついに甲子園見参!
驚くべき大物ぶりを見せた取材現場。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/08/08 13:30

清宮幸太郎、ついに甲子園見参!驚くべき大物ぶりを見せた取材現場。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2006年に斎藤佑樹を擁した早実の試合をアルプススタンドで見ていた清宮は、9年後に自ら甲子園を満員にすることとなった。チームは6-0で快勝。

 あの松井秀喜が野球人生で唯一、足が震えたという高校1年夏の甲子園の第一打席。だが、早実の「怪物1年生」清宮幸太郎の言葉の中には、重圧のカケラも見当たらなかった。

 試合後、お立ち台に上がった清宮幸太郎は大きく息を吸い込み、吐き出しながら言った。

「最高ですね。(甲子園は)格が違う」

 清宮をひと目見ようと、午前8時開始の第一試合にもかかわらず、甲子園は4万8千人の大入り満員。こんなにも注目されていることを楽しんでいる選手は、あまり見たことがない。

「やっていて、気持ちよかった。空が青くて、アルプススタンドも『アルプス』って呼ばれるぐらいそびえていて。楽しかったです」

 試合前、朝食のメニューを聞かれても、嫌な顔ひとつせず答えた。

「ご飯と、みそ汁と、お魚と、卵と……」

 しかし、結果にはまったく満足していない。

「全打席ヒットを打つぐらいじゃないと」

 ノーヒットで迎えた7回の第4打席。1死二塁から、地を這うような打球が一、二塁間を真っ二つに分割する。初回の3点以来、無得点が続いていた自チームに貴重な4点目をもたらした。球場がいちばんの盛り上がりを見せたシーンだったが、本人は塁上で3度、軽く手を叩いただけだった。

「1本ぐらい出なきゃ、ダメですよ」

 全四打席、得点圏に走者を置いていたが、ボール球に手を出し凡フライに打ち取られるなどこの日は結局、7回の1安打だけに終わった。

「ぜんぜんダメ。しょうもないっスね。全打席ヒットを打つぐらいじゃないと」

 4回、2死二、三塁の好機でセンターフライに倒れたときは、バットを叩き付けるような仕草を見せ、悔しさを露わにした。そのことを記者に突っ込まれると、おどけたように笑って謝罪した。

「すいません! 気をつけます!」

 監督の和泉実は、この日の清宮をこう分析した。

「スラッガーの本能なんでしょうね。打ちたいという気持ちが強過ぎて、逆に打たされていた」

【次ページ】 「スター」であることを心の底から楽しんでいる。

1 2 NEXT
清宮幸太郎
早稲田実業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ