マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

甲子園出場の、無名のベストナイン。
この夏は清宮、オコエだけじゃない! 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/08/05 11:40

甲子園出場の、無名のベストナイン。この夏は清宮、オコエだけじゃない!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

沖縄大会決勝で、糸満相手に完投した興南の比屋根雅也投手。球速はそこまでではないが、角度のあるボールは打者には打ちづらいことこの上ないだろう。

外野手は脇坂、根来は決まり。あと1人は?

 外野手には、やはり九州国際大付高・脇坂龍次(3年・178cm80kg・右投右打)と兵庫の滝川二高・根来祥汰(3年・178cm70kg・右投左打)の2人をまず挙げたい。

 甲子園の大舞台でこそ、みなさんに見ていただきたいスラッガーとスピードスターだ。

 予選緒戦でサイクルヒットをマークした脇坂選手。彼の能力と相手との実力差を考えればあたり前みたいな話で、見てほしいのは大胆な“トップ”。打った打球もさることながら、ボールの「見送り方」を注目してほしい。

 しっかり踏み込んでいるのに、反動で体が開かず、左肩をおさめたままで投球を見極められるその姿勢。ため込んだパワーが一気に爆発した時の長打力が楽しみだ。

「足で食っていける選手。読売ジャイアンツ・鈴木尚広外野手のような走塁のスペシャリストになれる資質ありと見る」

 滝川二高・根来外野手については、前のコラムでそう書いた。

 兵庫県予選の8試合で8盗塁。50メートル5秒台の俊足をフルに発揮して、チームの攻めに勢いを加えた。

 初戦は第4日目第3試合、戦う相手は新潟県代表・中越高。ここには、強肩捕手・波方凌がいる。勝ち上がっていけば、仙台育英・郡司裕也、健大高崎・柘植世那、名うての“鉄砲肩”が待ち受けている。韋駄天の真価はこの甲子園でこそ問われる。

「あなただけの甲子園」を楽しむために。

 外野手の3人目は、智弁和歌山・山本龍河(3年・184cm87kg・右投左打)なのか、中京大中京・中村健人(3年・181cm78kg・右投右打)なのか。

 右打ち、左打ちの違いはあるが、共に、走れて守れてライナー性の長打力があって、ユニフォーム姿もとてもかっこよくスター性も高くて。

 将来は、柳田悠岐(ソフトバンク)なのか、陽岱鋼(日本ハム)なのか。夢の広がっていく選手たちだ。

 甲子園の外野手たちはまさに多士済々。バッティングをとるのか、広い芝生を駆け巡る守備力をとるのか。私だけのこの選手、オレだけのコイツ。そんな“お気に入り”を探しながら観戦するのも、とても興味深い「あなただけの甲子園」であろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
比屋根雅也
佐藤都志也
佐藤唯斗
後藤博希
伊藤雅人
杉崎成輝
脇坂龍次
根来祥汰
山本龍河
中村健人

高校野球の前後の記事

ページトップ