Number ExBACK NUMBER

世界水泳はリオ五輪前最後の大舞台。
伊藤華英が萩野不在の日本を語る。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/07/24 10:30

世界水泳はリオ五輪前最後の大舞台。伊藤華英が萩野不在の日本を語る。<Number Web> photograph by AFLO

ながらく世界のトップクラスで泳ぎ続けてきた入江陵介だが、意外にも世界選手権、五輪では金メダルがない。誰よりも表彰台の頂上を求めているのは本人だろう。

リオ五輪へ向けた最後のステップ。

 出場する選手たちは大会そのものの経験が、出られなかった選手たちは出られなかったということが、これからへ向けての糧になる世界選手権。

 大会へ向けて、伊藤は最後にこう語った。

「オリンピックを1年先に控え、世界の選手たちが本気になってきている中で、皆さんには、選手たちのチャレンジする姿を観てほしいという思いがひとつ。そして世界選手権はただの一つの大会なのではありません。ロンドンからリオデジャネイロ五輪へ向けて取り組んできてその最後のステップとして臨む大会です。結果ばかりではなく、そうした背景を感じながら観てほしいと思います」

 大会最終日の8月9日まで、熱い戦いが続く。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

入江陵介
萩野公介
渡部香生子
瀬戸大也
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ