Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<世界水泳プレビュー>
渡部香生子「フィジカル改善こそ、飛躍の鍵だった」 

text by

藤田孝夫

藤田孝夫Takao Fujita

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2015/07/29 06:00

<世界水泳プレビュー>渡部香生子「フィジカル改善こそ、飛躍の鍵だった」<Number Web> photograph by Takao Fujita
度重なる不調や大舞台での敗北の涙を乗り越えて、かつてのシンデレラガールは日本のエースに成長した。本命の200m平泳ぎでは、世界ランク1位に君臨する。世界の頂を視界に捉えた今、彼女が見すえるものとは。

 サングラス無しでは空を仰げない。地中海に面した南仏のリゾート地、カネ。雲ひとつない紺碧の空から注ぐ太陽が、梅雨を尻目にやってきた日本のスイマーたちを歓迎した。国内では決して味わえないこの解放感。基本的にインドアプール生活の日本選手団の面々が、幾分快活に映る。

 そんな中、茶褐色に日焼けした渡部香生子は特に目立つ。トレーニングのせいか、纏う雰囲気のせいか、そのシルエットは昨年よりも確実に大きくなっている。今年も参戦する欧州GPは、9日間で3都市(カネ、バルセロナ、モナコ)を回る強行軍。短期の大移動はアスリートに負荷をかけ、精神的にも肉体的にも強くする。確かに強化、勝利は大前提。しかし合宿も含めた長期の海外遠征で育むべきは、自己管理能力である。帰国するまでの時間、どんな放物線を描き、どこに着地できたか。

「悔しかったです。世界選手権の前に、1回でもリッケには勝っておきたかったという思いがあったので……」

 欧州GP第1戦、レース後の渡部のコメントは、実に意外だった。多分、昨シーズンまでの彼女は、ここまで個人を意識しては泳いでいなかったはずだ。ちなみにリッケ・ペダーセン(デンマーク)とは、女子200m平泳ぎの現世界記録保持者。頂点の目前に立ちはだかるライバルである。

「今までは、あまり人を意識してレースするということがありませんでした。でも世界選手権とかで勝つためには、やっぱりそこの意識も必要かなと思って、最近は」

“勝ちたかった”という到達の表現ではなく、“勝っておきたかった”という過程の表現の中に、彼女の意識の高さ、成長を感じる。コーチの竹村吉昭も、その辺りは実感していた。

「やっぱり色々場数を踏んできて、プレッシャーがある中でも、勝ちたいという思いが本当に芽生えてきたんでしょう。だからリッケのことは意識させたいし、長水路でもどこかで1回勝っておくと余裕も出ます。あとはレースを組み立てる経験ですね」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

渡部香生子

水泳の前後のコラム

ページトップ