欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

武藤嘉紀がドイツでメッシになる?
『ビルト』紙の評価とチームでの役割。 

text by

遠藤孝輔

遠藤孝輔Kosuke Endo

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2015/07/15 10:50

武藤嘉紀がドイツでメッシになる?『ビルト』紙の評価とチームでの役割。<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

チームマネージャーのクリスティアン・ハイデルと握手する武藤。ハイデルは、ドルトムントで名を上げたユルゲン・クロップ監督などを見出した名伯楽でもある。

 2014-15シーズンのマインツが抱えていた課題の1つは、フィニッシュの局面における迫力不足だった。

 理由は至ってシンプル。今夏にプレミアリーグのレスターに移籍した岡崎慎司を除いて、卓越したゴールセンスを備えたアタッカーが存在しなかったのだ。

 とくに物足りなかったのはウインガーの得点力で、ヨナス・ホフマンは3ゴール(12試合出場)、ハイロ・サンペリオ(22試合出場)は2ゴール、パブロ・デブラシス(20試合出場)とクリスティアン・クレメンス(9試合出場)は1ゴール止まりだった。

 4人の得点数を足しても、岡崎が1人で挙げた12ゴールに遠く及ばなかった。

 マインツの強化部門が今オフ、武藤嘉紀とマクシミリアン・バイスターというサイドで活きるアタッカーを獲得したのは偶然ではない。両雄に求めているのはもちろん、前線の破壊力アップに直結する働きだ。

 それは百も承知だったのだろう。武藤は入団会見で「マインツの勝利のために、ゴールやアシストなど目に見える結果を出したい」と口にしていた。

現地メディアは「次のメッシ」と評価は上々。

 その武藤に対するマインツの期待は非常に大きい。

 移籍金の推定額はクラブ史上3番目に高い280万ユーロで、背番号は「9」に決まった。『ビルト』紙が「次のメッシがマインツから生まれる?」と大胆な見出しを打つなど、現地メディアの注目度もまずまずだ。まずはこうした周囲の重圧に打ち克つ必要があるが、武藤本人は「プレッシャーがあるのはサッカー選手としてやりがいがある。そのプレッシャーを楽しめるように頑張りたい」と頼もしい言葉を発している。

 では、ドイツ語の習得に熱心に取り組むなど、環境適応にも余念がない武藤がブレイクするには他に何が必要か。

【次ページ】 「しっかりと自己分析できるかどうか」

1 2 3 NEXT
武藤嘉紀
河岸貴
岡崎慎司
マルティン・シュミット

海外サッカーの前後の記事

ページトップ