ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

球技の進化論。
~『球技の誕生』を読んで~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2015/07/12 10:30

球技の進化論。~『球技の誕生』を読んで~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『球技の誕生―人はなぜスポーツをするのか』松井良明著 平凡社 2800円+税

 今から150年ほど遡った1863年10月。ロンドンで複数のフットボールクラブの代表が集まりFA(フットボール協会)は設立された。それまでは地域や学校により異なるルールで行われていたフットボールに共通ルールができたのだ。ところが、黎明期の統一ルールにすべてのクラブが同意したわけではない。「蹴ること」を中心としたFAに対し、ボールを手に持って運ぶ「ハンドリング」派が反旗を翻したのだ。結局、投票で敗れた「ハンドリング」派は1871年にRFU(ラグビー・フットボール・ユニオン)をつくるに至る。サッカーとラグビーが袂を分かった瞬間だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 377文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平とプロ野球新時代。

Sports Graphic Number 881

大谷翔平とプロ野球新時代。

 

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ