スポーツ仕事人BACK NUMBER

齊木昌和(ボウリングボールの開発)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2015/07/12 09:00

齊木昌和(ボウリングボールの開発)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

齊木昌和さん。

 レーンを滑らかに転がる、ずしりと重い球体。その開発を手がけるオンリーワン企業の内部に潜入した!

 ボウリング場にはふたつの人種が共存している。ひとつはキャッキャウフフとゲームに興じる、カップルとかのリア充組。もうひとつはスポーツとしてボウリングに打ち込む競技者だ。熱心なプレーヤーはオイルでベタつくハウスボールなど使わない。ひとつ数万円のマイボールを持参し、ベストスコアをめざして投げ込んでいる。


 日本ヱボナイトは日本国内で唯一、ボウリングボールの製造を手がける会社だ。栃木県佐野市にある製造工場で、開発責任者の齊木昌和さんに話を聞いた。オンリーワン企業ということだし、ハイテクかつオートメーションな環境を想像していたんですけど、ずいぶん年季の入った機械が並んでいますねえ……。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1346文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

待ってろ、ウィンブルドン。

Sports Graphic Number 880

待ってろ、ウィンブルドン。

 

他競技の前後の記事

ページトップ