野球クロスロードBACK NUMBER

度重なる怪我が復活の伏線に!?
阪神・福留孝介が二軍で考えたこと。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2015/07/08 11:40

度重なる怪我が復活の伏線に!?阪神・福留孝介が二軍で考えたこと。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

前半戦の折り返しを目前に、残り全試合先発出場を目指す38歳のベテラン。阪神のペナント争いのキープレイヤーになりつつある。

投手が誰でも「打席のなかでアジャストする」。

「ストレートに的を絞って、変化球はなんとか対応していくというスタイルですけどね。それはみんな同じだと思いますよ。対戦した回数が多かったり、ある程度知っているピッチャーなら対応も多少は変わるかもしれないけど、基本的にはどのピッチャーであっても打てる、打てないは関係なく、自分のタイミングでしっかりとバットを振りにいく。打席のなかでアジャストしていくほうがいいのかなって思うから。初めて対戦するピッチャーが多い交流戦だと、そういう意識は特に強かったかな」

 自分が納得するフォームをしっかりと固め、打席では相手投手が誰であろうと先入観を持たず、しっかりとスイングをする。そこに故障という不遇が訪れさえしなければ、福留はやはり強打者の福留でいられるのだ。

 混沌とした順位争いが続くセ・リーグの情勢を鑑みれば、阪神も今は首位とはいえ浮沈を繰り返していくのかもしれない。

 だが、今の阪神打線には頼もしい男がいる。

 たとえチームが不穏なムードになろうとも、福留のひと振りがそれを鮮やかに消し去り、猛虎に活力を漲らせるのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
福留孝介
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ