SCORE CARDBACK NUMBER

障害界の新星誕生をめぐる様々なドラマ。
~騎手、調教師、そして素直な馬の絆~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/05/17 10:30

障害界の新星誕生をめぐる様々なドラマ。~騎手、調教師、そして素直な馬の絆~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

中山GJで大竹柵を飛越するアップトゥデイト。障害転向6戦目にしてGI勝利を飾った。

 日本の障害レースでGIに格付けされているのは、春の「中山グランドジャンプ」と年末の「中山大障害」の2つだけ。その2回のためだけに出番を待つ「大竹柵(だいちくさく)」と名付けられた格別に難易度が高いハードルをはじめ、7つの障害を11回飛越し、バンケット(谷)を6回昇降する難コースで争われる、名実ともに障害界の頂点を決めるビッグレースだ。1着賞金は6500万円。英国が誇る名物レース「グランドナショナル」(約7242m、障害飛越30回)の1着賞金90万ポンド(約1億6200万円)には及ばないものの、きちんとした形で頂点が用意されているからこそ、障害界のレベルが保たれていると言える。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

アップトゥデイト
レッドキングダム
林満明
佐々木晶三

競馬の前後のコラム

ページトップ