Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<なでしこジャパンのエースが語る>
川澄奈穂美 「危機感はありますね、凄く」

posted2015/04/28 10:00

 
<なでしこジャパンのエースが語る>川澄奈穂美 「危機感はありますね、凄く」<Number Web> photograph by Taiji Yamazaki

text by

松原渓

松原渓Kei Matsubara

PROFILE

photograph by

Taiji Yamazaki

必勝を期して臨んだはずの前哨戦、アルガルベ杯。
想像以上に進化したライバルの実力を目の当たりにし、
なでしこを支えるダイナモは、何を感じたのだろうか。

 前回W杯でなでしこジャパン優勝の立役者となったシンデレラガール・川澄奈穂美。

 その表情には、年齢を経て、以前の爛漫さだけではない重厚なサッカーへの探求心と情熱が滲む。2勝2敗と、W杯女王としては不本意に終わったアルガルベ杯について聞くと、言葉は淀みなく溢れてきた。

――結果は9位でしたが、どのような感触を得たのでしょうか。

「個人的には、最後のアイスランド戦(2-0)に良くなるためのヒントが詰まっていたと思います。4-2-3-1にした後半、鮫ちゃん(鮫島彩)が水を得た鮫(笑)のようにサイドを駆け上がったり、しのさん(大野忍)がボックス内でドリブルで仕掛ける姿を見て、久々にワクワクしたんです。みんなが伸び伸びサッカーをしていて『あ、これがなでしこだ』って。あの試合は1つのきっかけになると思います」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3176文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

川澄奈穂美

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ