オリンピックへの道BACK NUMBER

岩崎恭子と同期の36歳・稲田法子。
日本選手権・背泳50m優勝に思うこと。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/26 10:40

岩崎恭子と同期の36歳・稲田法子。日本選手権・背泳50m優勝に思うこと。<Number Web> photograph by AFLO

36歳にして「覚えていないくらい久々」という表彰台の真ん中に立った稲田法子。3位の酒井夏海は13歳の中学2年生だ。

そういえば、末續慎吾も熊本で優勝した。

 そういえば、4月18日には陸上の末續慎吾が熊本県陸上選手権100mで、10秒62の記録で優勝した。3月には所属していたミズノを退社している。

「真のプロアスリートを目指し競技活動を続けていきます」

 再出発の決意を、末續はそう語った。

 末續は2003年の世界選手権200mで銅メダル獲得という快挙を成し遂げるなど、ながらく日本短距離界を牽引してきた。2008年の北京五輪4×100mリレーで再び銅メダルを手にしたあと、疲労を理由に3年の休養を挟んで現役に復帰した。目標としていたロンドン五輪出場は果たせなかったが、それでも現役を続行してきた。

 その中で、走り方の試行錯誤を今も続けている。それもまた、挑戦の意欲あればこそだ。

 稲田や末續をはじめ、チャレンジする姿あれば、アスリートは輝きを失わない。

関連記事

BACK 1 2 3
稲田法子
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ